電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 東日本大震災3年 復興途上 残る難題ー魚市場卸売人が指摘

新聞記事

東日本大震災3年 復興途上 残る難題ー魚市場卸売人が指摘

2014年03月10日

「3.11」から3年を迎える被災地。水産関連施設や市街地の整備が急ピッチで進むが復興は途上だ(岩手県大槌町)

 平成23年3月11日、夕刻から夜半にかけて東日本太平洋沿岸を激震と巨大津波が襲い、多くの人命を奪い、生活と産業を破壊した。あれから丸3年。がれきが撤去されて整地かさ上げが進み、新しい冷蔵庫や加工場で生産が再開された地区もある。盛漁期の水揚げに沸く港がある一方で、現場には「復興は途上、難題も多い」という指摘も。岩手・宮城の各地魚市場卸売人の声を聞くとともに、支援を得ながら共同で商品開発・販路拡大に取り組む両県の加工業界を取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る