電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 恵庭の職人ユニット「ARAMAKI」 新巻鮭の木箱で家具・楽器

新聞記事

恵庭の職人ユニット「ARAMAKI」 新巻鮭の木箱で家具・楽器

2020年01月01日

鹿川さん製作のシャケレレ(右)と村上さんが手掛けるスーツケースとスツール


 北海道を代表する保存食である新巻鮭。江戸時代から続く伝統食品で、お歳暮の贈答品になくてはならない。そんな新巻鮭を水産加工場から消費地まで運ぶ際に活躍するのが鮭箱。木箱が主流だったが、価格面などで勝る発泡スチロールに主役の座を譲って久しい。一方で木箱の風合いや印刷された書体のカッコ良さに魅せられ、家具や雑貨、楽器として新たな魂を吹き込むのが職人ユニット「ARAMAKI」だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る