電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の秋サケ 凶漁直撃 300億円割れ

新聞記事

北海道の秋サケ 凶漁直撃 300億円割れ

2019年12月16日


 北海道の秋サケは4万5000トンと、40年ぶりに5万トンを切る大不漁となった。魚価も一昨年の異常高騰の影響などで昨年比2%安と伸び悩んで金額は300億円割れ。定置や漁協の経営、増殖事業の運営を直撃し、資源動向の先行き不安が増している。一方、消流は生鮮主導となり、親子とも製品の生産量は低水準。売り場は輸入品主体の動きで、供給不安からさらに縮小が進む状況も懸念され、引き続き販路確保が大命題となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る