電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 連合海区まとめ北海道秋サケ定置 2000万尾割れの凶漁濃厚

新聞記事

連合海区まとめ北海道秋サケ定置 2000万尾割れの凶漁濃厚

2019年11月11日

終盤を迎えた秋サケ荷揚げ(7日、尾岱沼漁港)


 道連合海区がまとめた漁獲速報によると、北海道の秋サケ定置は10月末現在で、漁獲尾数は前年同期比25.7%減の1433万7770尾にとどまり、2000万尾割れが濃厚。平成以降最低の一昨年を下回るペースの記録的凶漁下、浜値の下方修正も相まって漁獲金額は34.1%減の268億4618万7000円と300億円台に届かず、16年ぶりの400億円台割れの様相が強まっている。




購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る