電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > えりも漁協秋サケ定置 漁業体験事業、手応え十分

新聞記事

えりも漁協秋サケ定置 漁業体験事業、手応え十分

2019年09月23日

今年から手掛けるブリの船上活じめもアピール


 水揚げが本格化した北海道の秋サケ定置漁。えりも漁協冬島地区で従事する坂本雅彦さん、悠さんの兄弟が今季から一般の人を対象に事業化した「漁師体験」を始動した。定置船「第五十八宝漁丸(18トン)」の操業時に網起こしなどを一緒に体感。漁業や秋サケなど魚介類を身近に感じてもらうことで、魚食普及、さらには担い手確保などにつながることを見据えた新たな挑戦。地元・様似町も地域漁業の振興などに結び付く取り組みとして期待を寄せている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る