電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サンマ 公海操業で苦戦続く

新聞記事

サンマ 公海操業で苦戦続く

2019年09月23日


 道東沖のサンマ漁は苦戦が続いている。9月中旬に入っても公海操業で魚群も薄い状況。日量1000トン以上が一度もなく、過去最低水準で推移している。漁業情報サービスセンターは今後の漁況も「10月上旬に道東海域に来遊する可能性があるが、来遊量は少ない」と厳しい見方を示す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る