電子版 電子版サンプル

HOME > 2018年 > 4月

新聞記事

2018年4月の記事一覧

掲載日:2018.04.23

斜里第一漁協 新荷捌施設が竣工

完成した荷捌施設

 斜里第一漁協(髙正利組合長)が斜里漁港内に建設を進めていた衛生管理型荷捌施設が完成し、3月下旬から業務を開始した。道が建設した屋根付き岸壁と一体型で、屋根付き荷捌きスペースの一部は対EU輸出の衛生基準に基づく出荷エリアに位置付け。新施設を拠点に国内外への消流拡大、水産物の鮮度・品質管理の徹底に一層取り組んでいく。


掲載日:2018.04.23

道内8漁協 東神楽で直売会

 「浜から旨いもの直送でいっ!」をコンセプトに、道内8漁協の直売店が15日、合同直売会「第7回漁協祭」を、上川管内東神楽町のスーパー「ベストム東神楽店」の駐車場特設会場で開いた。各浜自慢の前浜物が集結し、海に囲まれた北海道の水産物の豊富さを発信。あいにくの雨天にも来場者は途切れず、商品の完売が続出した。


掲載日:2018.04.23

渡島噴火湾ホタテ加工貝 4月上期合計4万1400トン

今季の2年貝。出荷量は大幅に回復した(2月、森港)

 最終盤に入った渡島噴火湾の加工貝(2年貝)は4月上期で6単協(長万部、八雲町、落部、森、砂原、鹿部漁協)合計4万1400トンを水揚げした。計画達成率は80%。長万部、落部が2000トン以上、八雲町、森が1000トン以上の残量を見込んでいる。4月末終漁予定だが長万部は5月まで。浜値はキロ350円前後に上がっている。


掲載日:2018.04.23

東北復興に弾み 加工品展示商談会

 東北地方の水産物・水産加工品が一堂に集結する「東北復興水産加工品展示商談会2018」が6月12、13日、仙台市の仙台国際センター展示棟で開かれる。4回目となる今年は、前年から20社ほど増えて137社が参加し規模も拡大。一般展示ブースに新商品、自慢の逸品を取りそろえるほか、個別商談会、提案型の商品プレゼンテーションを展開。震災復興に向けて奮闘する東北の水産業界が連携し、国内外のバイヤーに加工技術や商品力をアピールする。


掲載日:2018.04.23

白糠タコ縄、水揚順調

前年を上回る浜値で推移しているタコ(1月、白糠漁港)

 白糠漁協のタコ縄漁は、今季も順調に水揚げを積み重ね漁期終盤に入った。浜値も強含みの展開で、3月は平均単価がキロ700円台まで上昇した。漁場には漁獲対象外となる小さなタコも多く、来年以降に資源を残すため今季は漁期を1カ月前倒しし4月末で終漁する。


掲載日:2018.04.23

寿都町・島牧定置 サクラマス ヤリイカ好調

大主体のヤリイカ(16日、寿都漁港)。下は大サイズ中心のサクラマス(16日、厚瀬漁港)

 寿都町漁協の定置網はサクラマスが好調だ。4月中旬まで昨年同期の17倍。ヤリイカも順調に滑り出し、昨年の2倍を水揚げしている。


掲載日:2018.04.16

釧路市東部のツブ 消費地から高い評価

発泡に海水氷とともに詰めて出荷する真ツブ。身が大きいツブを厳選している

 釧路市東部漁協で第三十三圭丸(2.8トン、司口圭哉船頭)が唯一着業するツブかご漁が1日に始まった。臭いで誘う餌缶のみを使い漁獲することで「水揚げ後のツブの餌吐き、餌による臭いがない」と説明。加えて身の大きい良質なツブを厳選、高品質出荷に注力する。取り扱う店舗や市場関係者の評価も高く「餌吐きのないこれだけきれいな荷造りは見たことがない」との声もある。また司口船頭自身は店頭販促で積極的にPR、同漁協は九州など各市場へ試験出荷し販路開拓に努めている。


掲載日:2018.04.16

いわきユナイト フードセレクション開催

フードセレクションの様子

 福島県いわき市の食の価値と流通を創る地域商社・いわきユナイト株式会社は、いわき発信の食品を紹介・販売する「いわきフードセレクション」をうすい百貨店(郡山市)で11日開始。いわき商工会議所の協力で、6月10日までの期間限定で展開する。売り場にはメーカー自らが立ち、試食販売をする機会も設け、消費者の声を聞きながら今後の商品開発に生かしていく。


掲載日:2018.04.16

かいせい物産 規格外の魚も居酒屋で

刺身盛り

 鮮魚・食材卸のかいせい物産株式会社は居酒屋「〇魚(まるっと)」を東京・門前仲町に2日オープンした。市場で買い手がつかない魚を活用する「もったいないプロジェクト」の理念がコンセプト。宮﨑成人社長は同店がきっかけとなり、同じ理念のもと廃棄魚を活用する店が増えるのを期待している。


掲載日:2018.04.16

留萌管内刺網、全般に好調 カレイ増産で浜安傾向

好漁のマガレイ。良型が大半を占める(9日、増毛港)

 カレイを中心に留萌管内では刺網漁の水揚げが好調だ。マガレイやニシン、カスベが例年よりも早い時期から掛かり好漁を継続している。半面マガレイの浜値は一時キロ100円台に値崩れ。200円台に回復したが浜安傾向が続いている。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る