電子版 電子版サンプル

HOME > 2015年 > 10月

新聞記事

2015年10月の記事一覧

掲載日:2015.10.26

独創的アイデアで 水揚後の労力軽減

手作りの台車を乗用車でけん引し、干場から乾燥室まで一気に運ぶ

 コンブ漁業は、水揚げ後も乾燥や選葉などで手間が掛かるほか、労働時間も長く体力的負担が大きい。コンブ干しを手伝うオカ回りの人材を確保するにも苦労する地区もある。それらの悩みを解消するため、着業者は道具や作業場作りを独自に工夫、作業の効率化を図っている。道具などを考案・自作し、改良を重ねる根室漁協太平洋沿岸部会コンブ部の南多加雄副部長と日高中央漁協の髙桑陵さんを取材した。


掲載日:2015.10.26

いぶり中央漁協 スケソ、群れ寄らず

日量がまとまらないスケソ(20日、登別漁港)

 いぶり中央漁協のスケソ刺網が6日始まったが、出足は低調だ。シケ頻発で操業回数が伸びないのに加え、群れが薄く水揚げ自体も少ない。浜値はキロ100円台と3桁の高値を形成している。


掲載日:2015.10.26

砂原漁協エビかご メス増産 序盤から切れ間なく日産2トン維持

切れ間なく水揚げされるボタンエビ(15日、砂原漁港)

 砂原漁協のエビかご秋漁が好調だ。ハシリから切れ間なく日産2トン前後をキープ。小主体だった昨年とは違いメス主体の好漁に着業者の笑顔が絶えない。


掲載日:2015.10.26

伊達の「早出し」 1週間で400円台に急上昇

 いぶり噴火湾漁協の伊達地区で、加工貝(2年貝)「早出し」が16日に始まった。初日は1軒が2.6トンを出荷し、入札額は昨年より113円高のキロ353円。23日には425円まで上がり、369円だった昨年の組合最高値を更新した。


掲載日:2015.10.26

札幌大成 「ねばねば素材」で海鮮丼の素商品化

盛り付けが美しく見た目からも食欲をそそる

 カニなど卸・加工の株式会社札幌大成(札幌市、作間健太郎社長、電話011・633・8020)が8月に発売した総菜「海鮮ねばねば ぶっかけ爆弾」。水産具材5種に、「ねばねば素材」のガゴメ昆布とおくら、長いもの3種をブレンド。美容・健康、簡便志向を捉え、通販などの販路を開拓している。


掲載日:2015.10.26

気仙沼ほてい 本社工場が竣工

竣工した気仙沼ほていの本社工場

 「ふかひれスープ」など付加価値の高い食品生産で知られる気仙沼ほてい株式会社(山本達也社長・宮城県気仙沼市)は15日、本社工場の竣工式を開催した。大震災で被災したため、同市本浜町の鹿折水産加工集積地に新設復旧。缶詰やレトルトパウチ食品の製造ラインを整備し生産能力は震災前と同等、万全な衛生、安全管理態勢を実現した。冷凍加工品などの開発にも力を入れていく。


掲載日:2015.10.26

上磯「峩朗カキ」規模拡大

 昨年から本格的に取り組む上磯郡漁協上磯支所のカキ養殖は今季、施設基数を増やすなど規模を拡大、夏場に昨年の倍となる約9万個の半成貝を知内地区から搬入した。シケによる大きな被害もなく順調。水揚げ開始は12月を予定している。


掲載日:2015.10.26

石巻・ヤマトミ 高品質焼き魚を展開

 宮城県石巻市の株式会社ヤマトミ(電話0225・94・7770)は、ことし2月に完成した第2工場に最新の「循環式過熱蒸気ロースター」=写真=を導入し、ふっくらと仕上げたサバの塩焼きとみりん焼きを提供している。


掲載日:2015.10.26

青森・三沢 昼イカ、ピークへ

水揚げがまとまってきた三沢漁港の昼イカ(20日)

 青森県の三沢漁港でスルメイカ水揚げが大きく上向き、これからピークを迎えそうだ。10月はほぼ前沖での漁場形成が続き、ナギが良ければ昼釣り約60隻で7000~9000箱とまとまる。値も安定し、盛漁入りに期待がかかるが、減少したとみられる資源や、巻網船などとの漁場競合が不安要因だ。


掲載日:2015.10.26

日高管内、前年超えへ追い込み 道東の買い強まる

前年実績を超え、上積みが注目される日高中央漁協様似地区の水揚げ(21日、様似漁港)

 日高管内の秋サケは前年実績超えに向け、追い込みに入った。低気圧で網被害も発生し、漁場間では明暗があるものの、えりも、日高中央、ひだかの3漁協とも組合全体は20日まで昨年を上回るペース。浜値は下旬に入って全道的に水揚げが落ちてきて道東方面からの買いが強まり、えりも、日高中央でメスが高値900円台に高騰。終盤の伸びが注目されている。


このページのTOPへ戻る