電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾ホタテ加工貝 渡島、数軒が水揚げ

新聞記事

噴火湾ホタテ加工貝 渡島、数軒が水揚げ

2019年02月18日

昨年の加工貝出荷作業(森漁協)。今年はかごに入れ出荷する漁家が多い


 渡島噴火湾の6単協では、2月上旬から数軒が加工貝(2年貝)の水揚げを始めた。生存率の低い耳づりから揚げているため、どの単協も日産数トンと少量。浜値はキロ200円台前半で推移している。生存率の高い耳づりは成長を伸ばすため極力温存。出荷は3月に集中する見通し。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る