電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸のホタテ貝毒 再発はシストが鍵

新聞記事

三陸のホタテ貝毒 再発はシストが鍵

2019年01月01日

 昨年は三陸沿岸でまひ性貝毒がかつてないほどの猛威をふるい、特にホタテでダメージが広がり深刻となった。貝柱製品向け水揚げの条件が緩和され出荷回復が図られたが、今年以降の貝毒再発懸念が強まっているほか、海域によってはワカメなど他養殖種への変更を模索する動きもある。専門家に再発リスクなどを聞くとともに、発売が待たれる貝毒検査キットを取材。水揚げ条件緩和とその後の動きも追った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る