電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城で特殊ブロックによる漁港のナマコ漁場化に挑戦

新聞記事

宮城で特殊ブロックによる漁港のナマコ漁場化に挑戦

2018年12月10日

内側に空気を保持してナマコの通り道を塞ぐ「エアバンクブロック」

 日本初のナマコ養殖を目指し、東北福祉大学(仙台市)と弘前大学(弘前市)が共同研究を進めている。石巻市の漁港では入り口となる開口部の海底に空気だまりを持つコンクリートブロックを設置し、漁港内にナマコを閉じ込めて成長させる方法を検討。松島町の漁港ではかごを使った養殖の可能性が示された。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る