電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 定置漁業に技術革新 八戸で開発始まる

新聞記事

定置漁業に技術革新 八戸で開発始まる

2018年10月15日

定置網で漁獲した魚の選別作業。人手依存度が高いのが現状だ

 定置網で水揚げする魚の選別、販売が劇的に変わり、省力化や付加価値アップが一挙に進展する可能性がある。青森県八戸市で、センシング技術やICT(情報通信技術)を活用した魚の画像解析などによる自動選別技術の開発が始まった。選別時に得られる魚種やサイズ、尾数などの情報を販売現場に瞬時に送ることも目指される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る