電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > サンマ来遊量 不漁の昨年上回りそう

新聞記事

サンマ来遊量 不漁の昨年上回りそう

2018年08月06日

 水産庁が7月31日に発表した2018年度の北西太平洋サンマ漁況予報によると、推定分布量が昨年より大幅に増加し、日本近海への漁期全体の来遊量は昨年を上回ると予想している。9月中旬までの漁期序盤は昨年並みに低調に推移するものの、9月下旬以降は昨年を上回る見通しを示している。組成も昨年より大型。漁場の沖合化傾向は変わらないが、半世紀ぶりの凶漁だった昨年より漁獲量の増加が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る