電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > へい死、変形多数発生で加工貝3割減/いぶり噴火湾漁協の来季

新聞記事

へい死、変形多数発生で加工貝3割減/いぶり噴火湾漁協の来季

2018年06月25日

機械による耳づり作業。順調な成育が期待される(19日、礼文漁港)

 いぶり噴火湾漁協の本年度加工貝販売計画は、前年度比3割減の9720トンを試算している。3月に始まった耳づり作業は数軒を残しほぼ終了。へい死や変形・欠刻が多く施設に垂下した割合は地区間で差がある状況。漁業者は今後の管理に気を引き締めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る