電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > マツカワ1年で800グラム/三厩龍浜の陸上養殖施設

新聞記事

マツカワ1年で800グラム/三厩龍浜の陸上養殖施設

2018年06月25日

250グラムに成長したウスメバル「龍飛岬金メバル」

 青森県外ケ浜町の龍飛ヒラメ養殖生産組合(伊藤文雄代表)はマツカワとウスメバルの養殖を事業化、本格出荷を始めて10カ月になる。出荷サイズはマツカワが800グラム以上、ウスメバルは平均180グラムで、そこまでの生残率がいずれも9割を超えるなど生産は安定。販売も県や町のバックアップがあり順調だ。県水産総合研究所(水総研)はマツカワ稚魚の供給を千尾規模から1万尾に拡大する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る