電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > イサダ解禁 岩手279トン、宮城なし

新聞記事

イサダ解禁 岩手279トン、宮城なし

2018年02月26日

上限漁獲で戻る船が相次いだ大船渡港の初水揚げ

 岩手、宮城両県のイサダ(ツノナシオキアミ)漁が22日、解禁した。同日、岩手では引網46隻が約270トンを水揚げしたが、宮城は出漁したものの漁獲はなかった。ただ、岩手でまとまったのは大船渡港のみ。全体的には今季も不安定で薄漁気味のスタートとなった。岩手の価格は70~60円中心で、昨シーズン初日に比べほぼ10円高。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る