電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝の今季計画 4.5倍6万1550トン

新聞記事

噴火湾加工貝の今季計画 4.5倍6万1550トン

2018年01月29日

森漁協の加工貝出荷作業(昨年2月)。今季の噴火湾は4単協が1万トン超えを想定している

 噴火湾で水揚げされる加工貝(2年貝)の今季出荷量は、渡島管内6単協といぶり噴火湾漁協を合わせた7単協合計で6万1550トンを計画している。大量へい死に悩まされた昨季と比べ4.5倍、約4万8000トンの大幅な増産。平年並みの水揚げに近づく見通しだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る