電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 大減産の秋サケ 売り場回復へ各種対策を

新聞記事

大減産の秋サケ 売り場回復へ各種対策を

2017年12月18日

 北海道の秋サケは約5万700トンと、平成以降最低だった昨年を3割下回り、昭和55年以来37年ぶりの大減産となった。繰越在庫の払底下、歴史的凶漁と、サンマ、イカなど主要魚種全般の不振による加工原料不足などで魚価は前年比66%高と異常高騰した。親子とも空前の高値と供給減で輸入物が売り場を浸食。来季以降の生産回復時の反動が懸念され、各種販路の確保が懸案となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る