電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 親製品一巡後に消流鈍化

新聞記事

親製品一巡後に消流鈍化

2017年12月04日

 記録的凶漁となり、いくら同様に空前の高コストとなった親製品。在庫払底で漁期入りし、当座分の手当てで需要先に一巡後、荷動きが鈍化している。冷凍品はロシアのチャムが昨年に比べ高値ながら秋サケより下値に位置しており、消流は相場動向の様子見も絡んで停滞。塩蔵(新巻き)は1尾単価が高く付く大型サイズを中心に苦戦の様相で、年内の消化が焦点だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る