電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 十勝産マツカワ拡販・冷凍フィレー需要増に対応/帯広市場

新聞記事

十勝産マツカワ拡販・冷凍フィレー需要増に対応/帯広市場

2017年10月02日

帯広市場に整備している活魚水槽

 帯広地方卸売市場(株)(高橋正行社長)は今季も十勝産を主体にマツカワの拡販に取り組んでいく。活魚・活じめ・生鮮に加え、冷凍フィレーを製造・供給。特にアニサキス問題で冷凍フィレーの引き合いが見込まれ、取引先の需要に応えていく構えだ。
 マツカワは9月から11月中旬にかけて十勝沿岸の秋サケ定置やシシャモけた引などで水揚げされている。同社は平成24年に消流拡大に乗り出し、取扱量は25年が5トン、26年が8トン、27年が9トンと年々増加。昨年は漁期後半に水揚げが切れ、4トンにとどまったものの、十勝産を中心に、噴火湾や日高、釧路、根室の他産地からも買い付けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る