電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 体温・鮮度管理を徹底/ひだか漁協のブリ

新聞記事

体温・鮮度管理を徹底/ひだか漁協のブリ

2017年10月02日

荷造り前に温度計で魚体の冷却状況を確認する船上活じめブリ

 ひだか漁協は、「はるたち(春立)」「三石」の水揚げ漁港を冠し、ブランド化に取り組む船上活じめブリの鮮度保持対策で、今季、魚体温度計を新たに導入した。水揚げから需要先まで低温管理を徹底。消費者への安全・安心の提供に努め、前浜産ブリの訴求力を高めていく。
 魚体温度計(佐藤計量器製作所製)はハンディー型で、腹部に温度センサーを差し込んで計測。春立、三石の両漁港に各1台を配備した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る