電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 日数、大幅に下回る/日高中央の採り

新聞記事

日数、大幅に下回る/日高中央の採り

2017年10月02日

 日高中央漁協のコンブ採りが終漁した。全8地区延べ採取日数は昨年を47日下回る94日で、減産の見通しという。長さなど品質は浜でばらつきがあった。
 鵜苫の採取日数は昨年比1日減の11日。今季は薄生いで「当初7、8回採れればとみていた。11回操業できるとは思わなかった」と向井進副組合長。ただ波があるなど条件が悪く1日当たりの水揚げは少なかったという。加えてシケ後の拾いコンブも寄らず「昨年を下回る生産量になるだろう」と見込んでいる。実入りは上々も長さが短く変色コンブも多かったという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る