電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 函館中谷製作所の箱眼鏡 真水による視界不良解消

新聞記事

函館中谷製作所の箱眼鏡 真水による視界不良解消

2017年09月25日

真水が流入した海中を従来器でのぞく。「もや」状の揺らぎが見える(上側)

 コンブやウニ、アワビ漁などに欠かせない「箱眼鏡」。着業者の多くが使うこの漁具を専門に手掛ける函館市の中谷製作所(電話0138・46・3828)は、真水の流入などで海底が見えにくくなる現象を解消できる新製品を開発した。長年の懸案改善で、漁獲量の安定や操業効率の向上など漁業経営への貢献を目指し普及に取り組んでいく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る