電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 操業日数、昨年上回る/散布漁協成コンブ漁期終盤

新聞記事

操業日数、昨年上回る/散布漁協成コンブ漁期終盤

2017年09月11日

乾燥させたコンブの裁断作業(7日、火散布地区)

 散布漁協の成コンブ漁が漁期後半を迎えている。6日現在の操業日数は、昨年より7日多い21日。着業者らは「まずまずの日数。今後も順調に出られたら」と話し今後の水揚げ上積みに意欲。品質は漁場や銘柄でばらつきがあるようだ。
 7月5日に解禁しナガコンブを水揚げ。8月20日にねじり採りが解禁となりアツバも採取している。今季は最盛期の7月20日から悪天候で約2週間沖止めが続いたものの「盆後に出られた」(着業者)ことで、昨年を上回る出漁日数で後半戦に入っている。

購読

このページのTOPへ戻る