電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 大阪「くら寿司」定置一船買い/漁業活性化に一役

新聞記事

大阪「くら寿司」定置一船買い/漁業活性化に一役

2017年03月13日

大型加工センター外観。2階に本社機能を持つ事務所が入る

【大阪】回転ずしチェーン「無添くら寿司」を展開する㈱くらコーポレーション(田中邦彦社長)は国産天然魚の取り扱いに注力、福井県の定置業者と年間契約を結び、揚がった魚をまるごと買い取る「一船買い」で安定した供給態勢を確立している。それに伴い昨年10月、大阪府貝塚市に大型加工センターを新設し処理能力を従来の約3倍に拡充。独自の流通態勢も構築、福井など各港から水揚げ後24時間以内に搬入し一次加工。西日本約200店舗にすしネタとして出荷するほか加工センター隣接の鮮魚店でも販売、天然魚の魅力発信に努めている。

購読

このページのTOPへ戻る