電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 広尾漁協青年部 スナエビ、町一丸で有効利用

新聞記事

広尾漁協青年部 スナエビ、町一丸で有効利用

2017年01月30日

えびじゃこソースを使った㈱満寿屋商店のピザ

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長)は未利用資源のスナエビ(アムールジャコエビ)の活用に乗り出した。スナエビはエビ特有の濃厚な風味が特長。商品化第1弾で帯広市のパン製造販売・㈱満寿屋商店と開発したピザやパンなどを1月末に帯広市内2店舗で販売を始める。

購読

このページのTOPへ戻る