電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 秋サケ 今季を回顧

新聞記事

秋サケ 今季を回顧

2016年12月19日

資源動向や消流状況など28年の秋サケを総括した定置漁業振興会議

 北海道の秋サケは7万5500トンと、平成に入って最低の漁獲実績となった。一方、大減産とイカ、サンマなど主要魚種全般の水揚げ不振による加工原料不足で魚価は前年比25%高と高騰した。親子とも高コストと供給減で、輸入物の売り場浸食が懸念され、引き続き国内需要の確保が懸案となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る