電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 秋サケ > 親製品 内販向け値上げもコスト吸収厳しく

新聞記事

親製品 内販向け値上げもコスト吸収厳しく

2016年12月05日

 記録的不漁でいくら同様に近年にないコストに付いているドレスやフィレーなどの親製品。国内向けは値上げに応じ一部成約が進んでいるものの、コスト高を吸収しながらの厳しい商戦展開。一方、輸出向けは前評判通り中国の原料需要が低迷したままだ。

購読

このページのTOPへ戻る