電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ワカメ 種不足か

新聞記事

岩手ワカメ 種不足か

2016年11月21日

岩手県養殖わかめ対策協議会の種苗の受け渡し(16日)

 岩手県のワカメ養殖で11月中旬、種苗糸の幹縄への巻き込みが本格化、出荷も始まった。成長は全域的に遅れ気味。8月末の台風被害により一部地域で不足する可能性がある。巻き込みは11月末ごろまで続く見通しで、成長促進と余剰発生、余剰分の融通による不足回避に願いがかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る