電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 加工流通 > トレー包装機導入進む ガス置換式が主流に

新聞記事

トレー包装機導入進む ガス置換式が主流に

2016年10月17日

東京食品機械株式会社の主力、ドイツ・ムルチバック社のトレーシーラーのTシリーズ

 スーパーやコンビニでトレーを使った水産加工品が存在感を大きくしている。特にコンビニで販売される焼き魚などではMAP(ガス置換)包装が増えてきており、鮮度保持の観点から今後さらに導入が増えていくとみられている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る