電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 9月、4年ぶり4万トン割れ

新聞記事

9月、4年ぶり4万トン割れ

2016年10月03日

全道的に低水準の中、ウトロ漁港の水揚げは善戦(9月27日)

 北海道の秋サケ定置は9月漁が平成24年以来4年ぶりに4万トン割れとなった。知床半島先端を中心にオホーツクの一部や羅臼が善戦しているほかは低調で、特に日高など太平洋沿岸での極端な不振が影響。最終実績10万トン割れの様相を呈し、ハシリから昨年より高値に張り付いていた浜値は9月最終週の加工盛期に入ってさらに上昇、いくらなど製品価格の修正は避けられない情勢だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る