電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 函館の鮮魚卸・坂井商店 漁場に同行し神経じめ

新聞記事

函館の鮮魚卸・坂井商店 漁場に同行し神経じめ

2016年10月03日

神経じめ後のブリを冷海水に入れ鮮度保持する漁業者(9月24日、木直漁港) 

 函館市の有限会社坂井商店(坂井雄二社長、電話0138・47・3009)は、南かやべ漁協の定置網業者と二人三脚で神経じめでの高品質出荷に取り組んでいる。同社の坂井貴博専務が自ら船に乗り込んで選別、神経じめなどを実施。水揚げから出荷までの工程を一つ一つ見直し、魚に与えるストレスを最小限に抑える工夫を積み重ねている。提供先の飲食店からの評価は高く、道内外をはじめ海外の料理店からもリピート注文を得ている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る