電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手の養殖ホヤ/風評被害で賠償請求

新聞記事

岩手の養殖ホヤ/風評被害で賠償請求

2016年09月05日

 岩手県の今季養殖ホヤで、福島第一原発事故の風評被害に伴う損害賠償の交渉が進められている。生産者団体で組織する協議会が東京電力に対し、韓国の輸入禁止が解除されないため、生産の増えたホヤが余剰となり販売できなかったり価格が下がったとしてその補償を求めている。生産量の多い綾里漁協では水揚げを終え、未販売分の最終処分に目途をつけた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る