電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県北部 ワカメ大幅減産か

新聞記事

宮城県北部 ワカメ大幅減産か

2016年02月01日

階上地区のワカメ施設。大シケで絡み、撤去、陸揚げが相次いだ

 宮城県北部での1月18,19日の低気圧による養殖被害は、収穫目前のワカメを中心に深刻となった。県漁協の各支所の調査が進み、ワカメの被害は唐桑6割、志津川4割、階上と大島の外洋漁場がいずれも5~6割に上った。2日の初入札を前に、大幅減産必至の情勢だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る