電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海けた引計画/ 28年は18万トン程度

新聞記事

オ海けた引計画/ 28年は18万トン程度

2016年01月18日

 オホーツク海けた引漁の28年計画量は、大きく落ち込んだ前年実績をさらに下回る18万トン程度となる見通しだ。北部では猿払村が前年実績比14%減の3万6千㌧、南部では常呂が同12%減の2万6600トンなど。12単協のうち現段階で7単協が減産の計画量を設定している。
 一昨年12月から昨年1月にかけて発生した低気圧や昨秋の低気圧に伴うシケ被害の影響で、ことしも厳しい水揚げが予想される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る