電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 秋サケ > 近年最高値468円 漁獲不振、原料需要強く

新聞記事

近年最高値468円 漁獲不振、原料需要強く

2015年12月21日

 北海道の秋サケは10万6000トンと、昨年を若干下回り平成元年以降ワースト4位の漁獲実績となった。一方、いくらの在庫払底や加工原料不足などの状況下、盛漁期の台風・低気圧被害も重なって水揚げが振るわず、魚価は高値形成。親子とも製品コストが上昇した。今後の消流は、特に親製品が昨年を上回る供給見込みで、輸出環境は厳しく、国内需要の拡大が懸案となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る