電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・久慈/高校生が漁業に関心-担い手目指し「養成塾」

新聞記事

岩手・久慈/高校生が漁業に関心-担い手目指し「養成塾」

2015年08月17日

「北の海人養成塾」でウニのむき身加工、商品化を体験する高校生

 高校生に漁業への関心を深めてもらい担い手育成を目指す「北の海人(あま)養成塾」が、岩手県北部で始まり期待が高まっている。月1、2回ペースでワカメのボイル塩蔵やウニむきなどを研修し、漁業を職業の選択肢に加えてもらう狙いだ。
 同県県北広域振興局が4月から始めた。県立久慈東高校海洋科学系列の2、3年生約20人が参加し、久慈市漁協が協力。振興局が研修プログラムを考え授業の一環として実施し、同漁協二子生産部が教える。海の近くに住んでいても浜の仕事をしたことのない生徒がほとんどという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る