電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > メキシコ・カリブ海で漁業 加工へ 釧路の岩山商店

新聞記事

メキシコ・カリブ海で漁業 加工へ 釧路の岩山商店

2015年07月13日

タコの冷凍前製品

 メキシコ、中南米のカリブ海沿岸で、釧路市の水産加工業者などが水産資源開発プロジェクトに乗り出す。タコ、カニ、ナマコの3魚種を柱に新たな操業漁場を開拓し、現地で漁獲物を加工、早ければ9月から日本国内への搬入を開始する。3カ年計画で完成年の29年には取扱数量を3万7000トンまで拡大。ロシア200カイリのサケマス流網漁禁止や前浜資源の減少などで先行き不透明感を抱える北海道水産業界の原料需要に応えていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る