電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやま漁協動力船船主組合 付加価値向上へ活魚出荷

新聞記事

ひやま漁協動力船船主組合 付加価値向上へ活魚出荷

2015年05月25日

 江差動力船船主組合(藤谷一明組合長)は、ことしから活魚出荷に乗り出す。昨年11月に紫外線殺菌装置やパック機を導入。現在、付加価値向上を目指し、エビやイカなどで最適な活での出荷方法の確立に取り組んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る