電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城カキ 人気の殻付、生産実証

新聞記事

宮城カキ 人気の殻付、生産実証

2015年05月18日

志津川湾で採苗、シングルシード養殖された「あまころ牡蠣」を試食会で提供

宮城県のマガキで天然採苗、シングルシード(一粒種)養殖により、オイスターバーなどで人気の未産卵でカップ(殻)の深い生食向け殻付の生産が実証された。これまでのむき身出荷に比べ高値で売れる可能性があり、注目される。種苗の確保増加と育成管理での歩留まりアップが当面の課題だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る