電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 中国ホタテ需要に陰り 噴火湾冷両貝高騰で

新聞記事

中国ホタテ需要に陰り 噴火湾冷両貝高騰で

2015年04月20日

レストランの春雨入りメニュー。貝柱は国内産を使用していた

 【中国・大連、乳山=松本名司】中国のホタテ需要に陰りが見えてきた。主流を占めていた片貝製品の原料である北海道噴火湾産の両貝冷凍が高騰しているため。中国の製品加工大手は付加価値を上げて販促に努めているが、原価の安い国内産イタヤガイをホタテ貝殻に乗せた商品が人気を集め、現地加工筋が軸足をシフトするなど、ホタテ消費の失速感は否めない。今季は過去最高の4万トンに達するともいわれる両貝冷凍の消費見通しなどを、加工最盛期の中国乳山市と大連市で取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る