電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 全国家計調査一世帯当たり購入量 ピークの15年以降最低

新聞記事

全国家計調査一世帯当たり購入量 ピークの15年以降最低

2015年02月23日

 総務省の全国家計調査によると、昨年1年間で一世帯当たり(2人以上)が購入したホタテの数量は、平成15年以降最低の500グラム台となり、ピーク時から6割も減少した。100グラムの平均単価は200円の大台を突破。急激な価格高騰が消費減退につながったとみられる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る