電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸のカキ養殖/新資機材が続々登場

新聞記事

三陸のカキ養殖/新資機材が続々登場

2015年01月01日

各種新資機材(クペール、接着剤カイデライト、オーストラリア製バスケット、フラプシー)

 三陸のカキ養殖で近年、新しい資機材の登場が相次いでいる。生食向け殻付の生産で、シングルシード(一粒種)養殖などいっそうの付加価値向上を求めて導入。まだ課題は多いが、主流のむき身出荷から殻付への流れを加速する可能性を秘める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る