電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ資源不安続く 斜網地区、根室など急落

新聞記事

秋サケ資源不安続く 斜網地区、根室など急落

2014年12月15日

 北海道の秋サケは10万7千トンと、平成元年以降ワースト4位の漁獲実績となった。親製品の需要に加え、不漁から魚卵価格も上方修正され、全道のキロ平均単価(11月20日現在)は前年比38円高の450円に上昇した。一方、来季に向け、消流面では親子とも製品価格の高値継続で消費への影響が懸念材料。生産面では斜網地区が急減、根室海峡で不振が続くなど資源動向に不安を残した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る