電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 北とつながる富山の食文化

新聞記事

北とつながる富山の食文化

2014年11月24日

主力のカジキ昆布じめ刺身

 昆布消費量全国トップクラスの富山。北前船の寄港地として昆布文化が花開き、今もなお身近な食材として親しまれている。中でも、昆布じめは江戸時代中期からの長い歴史があり、郷土料理の代表格。「サス(カジキ)」が定番で、どのスーパーにも常に陳列、酒の肴やおかずとして日常的に食されている。昆布じめ刺身の草分けで、専門メーカーの株式会社かねみつ(富山県魚津市、金三津貢社長)を取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る