電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 上磯煮干し、1世紀余の歴史 イワシを伝統製法で

新聞記事

上磯煮干し、1世紀余の歴史 イワシを伝統製法で

2014年10月27日

上磯の煮干し天日乾燥

 上磯郡漁協上磯支所の定置業者は、9月から煮干しを生産している。その歴史は100年以上と古く「今から思えば6次産業化のはしり」という着業者も。カタクチイワシが主な原料で、釜で煮る温度や乾燥が品質を左右する伝統製法。今季も注文が殺到するなど人気を集めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る