電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 標津産船上一本じめ 「波しぶき」出荷開始

新聞記事

標津産船上一本じめ 「波しぶき」出荷開始

2014年09月22日

市場に上場された「船上一本じめ」のオス。魚体は大ぶり

 標津漁協は今季、船上で魚が生きているうちに血抜き処理する「船上一本じめ」で、秋サケのオスの出荷を始めた。一般公募で「波しぶき」と命名。組合では生鮮に加え、自営工場で山漬け風の塩蔵を製造する。直売店やネット販売を主体に直販、標津産秋サケの知名度向上につなげていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る