電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮古養殖トラウト出荷開始

新聞記事

宮古養殖トラウト出荷開始

2021年03月22日

活気のある掛け声が響いた宮古トラウトの今季初競り


 岩手県宮古市の宮古漁協(組合長・大井誠治県漁連会長)は18日、海面養殖している「宮古トラウトサーモン」の今季出荷を始めた。市魚市場に活じめした3.3トン(1963尾)を上場し、最高値はキロ1450円。2季目を迎えた実証試験は好スタートを切った。秋サケなど主力魚種の水揚げ不振が近年続くなか、新たな地域ブランド創出に期待が高まる。100トンを目標に7月中旬まで週1回のペースで水揚げし、県内外への流通を図る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る