電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 留萌の漁業士、料理動画配信で魚食普及・付加価値向上目指す

新聞記事

留萌の漁業士、料理動画配信で魚食普及・付加価値向上目指す

2021年03月15日


 新星マリン漁協の佐賀友三指導漁業士、米倉亮徳青年漁業士が留萌市などと連携し、地元の魚を使った漁師オリジナルの調理方法をYouTube動画で配信し始めた。その名も「食卓に魚を」応援隊。カスベの煮付け、マダラ・カジカの三平汁、カジカ卵のしょうゆ漬けなど、漁師目線の調理方法や味付けを分かりやすく紹介している。魚離れが叫ばれる昨今、魚食普及と安価魚の付加価値向上を目指し、漁業士2人の挑戦が始まった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る