電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ワカメ初入札、品質上々もコロナ影響

新聞記事

岩手ワカメ初入札、品質上々もコロナ影響

2021年03月22日

入札前に品質をチェックする買受人


 岩手県産「三陸わかめ」の今季初入札会が16日、大船渡市の県漁連南部支所であった。塩蔵の上場は181トンで、初回としては東日本大震災以降最多。平均単価(芯抜き)は10キロ8051円と前年同期比28%安となった。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う消費の冷え込みなどが要因とされるが、生育は順調で、品質も上々。原藻ベースで約1万5千トン(昨季実績1万3425トン)の生産を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る